ヒアリングマラソン

英語教材の定番、人気のロングセラー教材シリーズです。

英語が喋れたら世界中の人とコミュニケーションが取れるようになりますので、とても素敵なことですよね。

 

 

しかし、大人になってからの英語は習得するのに時間もかかり大変難しいイメージが多いと思います。

 

 

とはいえ、昨今はどんどんグローバル化が進んできているので、ビジネスでも英語を使うシーンがどんどん増えてきていますよね。

 

 

ですから中には、そんな悠長なことを言っていられない。と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

忙しいビジネスマンの方で、英語を短時間に習得したいのであれば、ヒアリングマラソンがおすすめです。

 

 

ヒアリングマラソンはいわゆる英会話の通信教育で、毎月新しい教材が1年間続けて送られてくるシステムです。

 

 

といっても、一般的な英会話の通信教育とは違い、ヒアリングマラソンは「1000時間で英語を取得する」といった目標を掲げています。

 

 

なぜ1000時間?と思われる方のために少しご説明しますと、日本人が英語のスピード、リズム、音を体にしみこませるには、一定期間集中して英語を聞くことが必要と言われています。

 

アルクはそこに注目し、算出された時間が1年間で1000時間。という訳です。

 

 

忙しくて時間がない。と思われがちでも、忙しいのは手と足。

 

 

意外と耳は空いている時間が多いのです。

 

 

最初はほんの数分でも良いので、英語を聞き流してみてください。

 

 

英語は理解が出来るようになると、どんどんと面白く感じる物でもあります。

 

毎日少しづつでも継続して聞いて習慣にすることがポイント!

聞く習慣に慣れれば、英語のレッスンが楽しく感じ、必ず成果が表れる物とアルクは考えています。

 

 

ヒアリングマラソンはまさにその英語の楽しさを、忙しい多くの方に実感して頂くための教材です。

 

多くのメディアにも紹介されている教材なので、信頼できるのも安心ですし、2014年にはイード・アワードの英語教材顧客満足度最優秀賞も受賞しています。

 

英語教材のランキングでも1位を取得した経験もあるほどの実力なので、英語に悩んでいる方にとって強力なサポートになるでしょう。

 

 

ここまで見てみると、たんに「英語を聞き流す」だけの教材だと思われがちですが、聞き流すだけでは英語は身に付きません。

 

 

こちらの教材では

 

  • 大量の英語を聞き、おおまかで良いので全体的に理解を目指す「多聴」
  •  

  • 内容の正確な理解を目指す「精聴」

 

の2つに重点を置いて勉強することができますので、バランスよく英語を学習できます。

 

 

また、TOEIC形式のテストが毎月あり、自分がどのぐらい英語を理解出来るようになったかチェックも出来ますので、やる気が出ますよね。

 

 

1年は長い!という方には6か月コースもご用意しています。

 

 

このチャンスに是非、英語をあなたの物にされてみてはいかがでしょうか。

 

毎日の生活の中に自然に英語学習の時間を取り入れることができます!

英語は今ではできることが必須となっている言語です。

 

 

英語ができるかどうかで、進学や就職、その後の昇給にも影響が出ることもあります。

 

 

今後のためにも、英語ができるようになりたい。

 

 

英語を使って、いろんな国の人と交流がしたい。

 

 

そんなときには、どのような方法がいいと考えますか?

 

  • 英会話教室に通う
  • 海外へ留学する

 

これらの方法は、英語を上達させるにはとても効果的です。

 

 

しかし、英会話教室は、スクール代が必要だし、スクールへ通う時間や手間もかかります。

 

 

海外へ留学となると、お金はもちろんのこと、たくさんの時間が必要になります。

 

 

このように、お金も時間もかかってしまう方法では、どんなに英語を勉強したいからといっても実行することは難しくなってしまいます。

 

 

できるだけお金をかけずに、手間もかからない方法で英語を勉強したい。

 

 

そんなときには、自宅での勉強がおすすめです。

 

 

自宅で英語を勉強して英語を身につけたいときには、正しい方法で学習する必要があります。

 

 

ヒアリングマラソンは、独学で英語を勉強したい人に最適な英語教材です。

 

 

英語を身につけるには、たくさんの英語を一定期間に集中して聞くことが大事です。

 

 

そのめやすとして、1年に1000時間が必要といわれています。

 

家事をしながら、通勤時など、耳の空いている時間を有効利用!

ヒヤリングマラソンでは、家事や通勤・通学の合間に、取り入れることで、英語を身につけることができます。

 

 

まずは合間に英語を聞くことを習慣づけること。

 

 

これが英語上達への一歩前進に繋がるのです。

 

 

これまでも、聞きながら英語を身につけていく英語教材はたくさんありました。

 

 

その中には、忙しい人向けに「聞き流すだけで英語が身につく」ことをメリットとしているものも数多く存在します。

 

 

しかし、英語は聞き流すだけでは身につくことはありません。

 

 

ヒヤリングマラソンでは、全体を大まかに把握する「多聴」と内容を性格に理解する「精聴」をバランスよく取り入れています。

 

 

これによって、ただ聞くだけの教材とは違ってより効率的に英語を身につけることができるのです。

 

 

また、海外の最新のニュースや海外で人気の映画など、親しみやすいジャンルのものを教材に取り扱っています。

 

 

そのため、良くある英語の教科書とは違って楽しみながらスムーズに英語を吸収できます。

 

 

さらに、TOEIC形式でのテストを採用しているので、実際のTOEIC対策にも繋がります。

 

 

今後のためにTOEICで高得点をとれるようになりたいという人も、ヒヤリングマラソンで学習すればばっちりです。

 

 

英語を話せると、仕事で活躍できるだけでなく、交流の幅も広がります。

 

 

それによって、人としても大きく成長することができます。

 

 

英語を身につけて、新しい世界を開拓していきませんか?

 

英語を身体に染み込ませるための習慣作りができます!

アルクといえばヒアリングマラソン。1982年の開講以来、120万人以上の利用者と、3000社以上の企業が採用してきた英語教材です。

 

 

1000時間のヒアリングマラソンは、ヒアリングが苦手な日本人の英語力をカバーする教材として、定番化しています。

 

 

毎月新しい教材が1年間にわたって届くので、常に新たな教材に挑戦することができ、飽きることがありません。

 

 

アルクのヒアリングマラソンは聞き流すだけではありません。聞き流すだけでは残らない英語を、多聴、精聴の両方を行うことで、表現力として身に付けるための教材です。

 

 

英語教材に定評のあるアルクは、日本人の耳に英語のリズムや音、スピードをなじませるために必要と考える時間は1年間に1000時間です。

 

 

この1000時間を達成するのは、日本にいて日本語だけで生活をしていては難しいものです。

 

そこで通勤・通学などの時間や家事をしている時間などを積極的に利用して、毎日継続して1000時間の英語を聴く時間作りにあてることを提案しているのです。

 

 

習慣化することで、電車に乗ってヘッドフォンを着けた瞬間に英語脳に切り替えていくことができるようになります。

 

聞き取る力と同時に、多彩なジャンルの英語表現を身につけることも!

アルクのヒアリングマラソンは専門機関からの評価が高いことも魅力です。

 

 

2014年はイード・アワードの英語教材顧客満足度最優秀賞を受賞しています。

 

「TOEIC800点以上の取得者」「海外旅行・趣味目的の利用者」のどちらからも高評価を得ることで、最優秀賞を受賞していることからも、英語習得者のレベルに関わらず、リスニングマラソンによって英語力がアップすることを利用者が実感していることがわかります。

 

また「英語教材最強の1冊」では、英語教材辛口ランキングの「英会話 話す・聞く」部門で1位になっています。

 

 

毎月届く教材は新鮮な話題を網羅、どこからスタートしてもOKで自由度が高く、自分のペースでムリなく進められるところも愛されている理由です。

 

 

英語は多読や多聴のようにたくさんの量に触れることが大切ですが、単純に聞き流しているだけでは身に付きません。

 

 

大まかな話のあらすじを理解するという多聴に加えて、内容を正確に理解する精聴のバランスを取りながら聞く必要があるのです。

 

 

ヒアリングマラソンは二つのバランスが取れた教材としておすすめです。

>>ヒアリングマラソン【最安値】公式通販ショップはこちらから<<